生徒さんの声
  1. HOME
  2. 生徒さんの声

生徒さんの声 Member's Voice

2015年発表会 生徒さんの感想を一部ご紹介します。 (2015/08/25)

2015年7月に開催いたしました当教室発表会参加者の感想を一部ご紹介します。

0720 003

◆小5 よしのちゃんの感想◆
2015発表会感想 よしの(小5)
◆小5 さゆりちゃんの感想◆
2015発表会感想 さゆり(小5)
◆小6 りなちゃんの感想◆
2015発表会感想 りな(小6)
◆中3 あかりちゃんの感想◆
2015発表会感想 あかり(中3)

本年度はどちらの教室も、「間違えずに弾く」のではなく、「どう弾きたいか」心のクオリアに注目して演奏してもらいました。
昨年度の感想よりも「満足した演奏ができた」という感想が多く、嬉しく思っております♪
発表会に向けての練習、本番に至るまではたくさんのハードルがあったと思います。
最後までやり遂げた生徒のみなさん、本当にお疲れ様!

また、応援してくださったご家族の皆様、ありがとうございました。



”にじいろおんぷ”は音がおもいうかんでくる! (2012/08/31)

いろをみると、音がおもいうかんでくるからたのしい!(古屋佑奈さん・小学1年生)                                                   服を選ぶ時に、「ミの色〜♪」等と、日常生活と音階が近くなったように思います。
また、体と音階を意識した事がなかったのですが、”にじいろおんぷ” で親の音感も一緒に改善されそうな気がします。
”にじいろおんぷ” は、苦手な音を身の周りに取り入れるなど、工夫がしやすくてとても参考になります。(お母様)



“にじいろおんぷ”はひくのがたのしい! (2012/08/27)

“にじいろおんぷ” は、ひくのがたのしい!いろもかわいい!(永野美咲さん・小学1年生)
“にじいろおんぷ” のレッスンはとっても楽しく、おかげでどんどんピアノがひきたくなりました。
そして、声の音程が分かりやすくなって、学校で歌う時にキレイな音程で歌えるようになりました。(永野茉咲さん・小学6年生)
色ぬりをしないと楽譜が読めなくなるのでは…と思いましたが、自然と読めるようになったようです。
最初に色ぬりをすることで、どんな曲かもすぐにわかるので、とても良い方法だと思います。(お母様)



“にじいろおんぷ”は一目みただけでわかる。 (2012/08/27)

難しい曲になってくると、パッと見ただけではよくわからない事が多いけれど、“にじいろおんぷ” に色ぬりをすると一目で音がわかってすごくいいです。
白黒の楽譜より、色がついている方がもっと楽しくさらえます。(下瀬真生さん・中学3年生)



“にじいろおんぷ”は音がとりやすい。 (2012/08/27)

“にじいろおんぷ” を意識すると、音がとりやすいです。
楽譜が覚えやすくなって、どんどんひきたくなります。
色がきれいだし、”にじいろおんぷ” の色を見ると、音楽が思い浮かんできます。(川越花希さん・小学5年生)



“にじいろおんぷ”をやっていて良かった。 (2012/08/27)

“にじいろおんぷ” を意識して声を出してみると、自分が想像した通りの音が出て、歌う事が楽しいと思えるようになるし、
きれいに歌えた時にすごく嬉しくなります。
今では白黒の楽譜を読む事ができるけれど、“にじいろおんぷ” をやっていなかったらまだ読めないと思うので、
とてもありがたいです。
“にじいろおんぷ” をやっていて本当に良かったです。(T・Kさん・中学1年生)



“にじいろおんぷ”だと、気分がハッピーになる! (2012/08/27)

“にじいろおんぷ” はとってもいいアイディアだと思います。
カラフルにぬってある楽譜を見ると、気分がハッピーになります。
楽譜 の見た目がよいと、曲を練習する気になります。
これからも、自分の趣味でピアノを弾くときには、“にじいろおんぷ”を使いたいと思います。(琴音さん・高校1年生)



“にじいろおんぷ”だと、音のイメージが作りやすくなる。 (2012/08/27)

楽譜に色をつけるのは大変だけど、音符に色がついてキレイに変身するとワクワクするし、より音を楽しめる気がします。
”にじいろおんぷ” だと、音のイメージが作りやすくなり、曲のイメージがわいてきます。
実際、白黒の楽譜よりも曲の流れがスムーズになり、今では白黒の楽譜を見ても色が思い浮かぶようになりました。(A・Iさん・大学 1年生)